自宅にピルが届くので、外出自粛が続く中で利用者が増えているスマルナのピル外来。

そんなスマルナアプリのピル外来に関する口コミや評判を見ると、
良い口コミもたくさんある一方で「ピルの値段が高い」という口コミも結構あります。

本当にスマルナアプリのピル外来の値段は高いのか?検証してみます。
スマルナのピル外来で取扱いのあるピルは数種類あります。

薬の種類によって値段は違いますが、こんな感じ。


超低用量ピル 1ヶ月分 6,800円~10,500円(税別)
低用量ピル 1ヶ月分 3,980円~5,600円(税別)
中用量ピル 7,000円(税別)
アフターピル 9,980円~12,000(税別)

ちなみにこの価格は送料や診察料も含めてになります。

大事なのは、何を比較してピルの値段が高いと判断するか?です。
一般的にピルを服用するために入手する手段は3つあります。

①直接病院を受診する
②オンライン診療(スマルナ)
③個人輸入

まず、病院でピルを処方してもらう場合ですが仮に月経困難症や子宮内場膜炎の治療のために低用量ピルを服用する場合は保険適用になります。
スマルナのピル外来は全て自由診療になるので、高いと判断できます。

保険適用以外の場合は、自由診療なので病院によって異なります。
例えば、大した診察もなくピルの処方だけをするような病院ならスマルナのピル外来よりも安く購入できますが、血液検査が必要になるようなクリニックの場合は検査代などで高くなる可能性もあります。

ただ、相場と比較してスマルナのピルが高いということはありません。

オンライン診療で料金を比較すると、確かにスマルナよりも安いオンライン診療もあります。
大体値段で言えば1000円~2000円程度です。

個人輸入の場合は、診察代などが不要なので圧倒的に安くなります。
例えば、低用量ピルのトリキュラーなどはまとめ買いすると1箱1000円以下で買えます。
その代わり、個人輸入代行サイトの見極めができないと偽物や粗悪品を掴まされるリスクもあります。

なのでスマルナの利用者数の多さや、運営元の信頼性、国内製造のピルの処方など、安心・安全も考えて評価するとスマルナのピル外来でのピルの値段は決して高くないと思います。

関連:ピル処方のオンライン診察はスマルナ!実際に使ってみた動画

ただ、スマルナアプリよりも安くピルを入手する手段はあります。